【2020年版】失敗しない「防災セット」の選び方

【台風対策】台風に備えて最低限やっておきたい5つのこと

台風対策

【1】最新情報の収集

台風は事前に進路がわかるとは言え、予想でしかありません。

こまめに最新情報を仕入れるようにアンテナを貼っておきましょう。

【2】家の周りの点検

ベランダにあるものは全て屋内に移動

ベランダの物干し竿は不安定なので、屋内に入れておきましょう。

物干し竿に限らず、植木鉢や金魚鉢などを置いている場合も、台風の期間は全て屋内に移動です。

また、排水溝も掃除しておくと、浸水被害のリスクも減らすことができます。

窓ガラスの飛散防止

台風による暴風で物が飛んできて窓ガラスが割れる場合があります。

そんなとき、室内に窓ガラスの破片が飛び散ると危険ですし、何と言っても掃除が大変。

ガラスには飛散防止フィルムを貼り、普段より早めに雨戸を閉めてしまいましょう。

【3】非常食や水を備える

非常食や水を備蓄量を確認しておきましょう。

一般的には、家族が7日分生活できる量を備えておくこととされていますが、1週間で救助が来るかと言えば不安ですよね。

台風が来るのが分かっているなら普段より少し多めに備えておくことが大事です。

メモ
水は1日1人3リットル必要です。
缶deボローニャ 京都・祇園発祥のデニッシュパン「缶deボローニャ」は、おいしい非常食

【4】停電に備える

停電して困るのは、照明や情報収集ができないことです。
最低限、スマホとモバイルバッテリーはフル充電しておきましょう。

停電の備え

  • スマートフォンのフル充電
  • モバイルバッテリーのフル充電
  • 乾電池(10年保存できる電池が◎)
  • 家族の人数分の懐中電灯
  • 手回し充電できるラジオ
  • 電池からスマホ充電できる機器

おすすめの備え

どんな電池でも動く優れものです。私の購入レビューを読みたい方はこちら
 
正しい電池の備蓄方法を読みたい方はこちら
 
 
 
 

手回し充電に過度な期待は禁物
手回し充電ラジオや手回し充電ライトは「スマホの充電もできる」と書いてあることが多いのですが、どのメーカーの製品もスマホの充電に関してはパッとしません。
充電できたりできなかったり、不安定なものが多いです。(防災パパ調べ)
手回し充電は、ラジオやライトには有効ですが、スマホ充電はあまり期待しない方が良いでしょう。

防災パパ

スマホの充電を切らしたくない人は、電池の備蓄電池から充電できる機器を備える必要があるということです!

【5】断水に備える

いつも何気なく使っている水が使えなくなると予想以上に不便です。

飲料水の確保も大切ですが、生活用水の確保も重要です。

バスタブに水を貯めるのも良いアイデアですがマンション住まいの方は注意が必要です。

マンションでは停電すると「断水」になって水が使えなくなるだけでなく、「排水」も禁止になる場合があるからです。

そんなとき、バスタブにたっぷり貯めた水を捨てることもできず、お風呂はカビの温床となってしまいます。

以上のことから断水に備えて、非常用トイレを十分に用意しておくことが大切です。

断水したときにあると便利なおすすめ防災グッズ 非常用トイレセット 【断水・停電対策】非常用トイレの備えはいくつ必要?

まとめ

5つの台風対策まとめ

  •  最新情報の収集
  • 家の周りの点検
  • 非常食や水を備える
  • 停電に備える
  • 断水に備える

今回は、特別警報級の台風に備えて最低限やっておきたい5つのことをご紹介しました。

台風が過ぎ去るまで自宅で避難生活を送る方がほとんどだと思いますが、避難が必要な場合もあります。

そんなときのために備えておいて欲しいのが防災用ヘルメットです。

防災ヘルメット「IZANO」 IZANO(イザノ)購入レビュー おすすめ防災ヘルメット(折りたたみ式)

また、すぐに避難できるように防災セットの備えも必須です。

おすすめ
各社、様々な防災セットを販売していますが、定評があるのはやっぱりこの3種類ですね。
私も持っていますし、周りからも逆に勧められたりします。
今すぐ「おすすめの防災セット」が欲しいのに発送が数ヶ月先…こんな時、どうすればいいの?! 今すぐ「おすすめの防災セット」が欲しいのに発送が数ヶ月先…。どうすればいいの?!