災害に備える

【2020年版】車のフロントガラスの凍結を1分で解決する方法(お湯NG!)

車のガラスが凍って困ったときの攻略法

寒い朝、駐車場に向かうと「車のフロントガラスが凍っている!」といった経験ありませんか?

しかし、凍っているからといって「フロントガラスにお湯やぬるま湯をかけて溶かすのは危険」な行為です。

こういう時は解氷剤を使いましょう!

 

お湯・ぬるま湯は危険!

凍った車の窓ガラスに「熱湯やぬるま湯」をかけて溶かすのは危険です。

温度差でガラスに亀裂が走る可能性があります。

また、溶けた氷水はすぐに凍りつきます。
お湯でフロントガラスの氷を溶かした後、運転中に凍りついてしまうと視界が奪われ非常に危険です。

 

解決策

解氷剤

JAF(一般社団法人・日本自動車連盟)によると、解氷剤をフロントガラスにまんべんなく塗布すると、1分ほどで凍結を完全に解かすことができたという実験結果を発表しています。

デフロスター(くもり止め)

JAF(一般社団法人・日本自動車連盟)の実験によると、デフロスター(くもり止め)を使い、内気循環で最高温度に設定すると視界が確保できるまで10分ほどかかったという結果が出ています。

 

凍結防止策

フロントガラスにカバー

そもそも車の窓ガラスが凍らないように遮るものさえあれば、フロントガラスの凍結は防ぐことができます。そのベストアイテムは「カバー」です。

ワイパーを立てる

ワイパーのゴムが凍結して窓に張り付くことがあるので、駐車する際はワイパーは立てておきましょう。
(昔は子供のイタズラだと思っていましたw)

ドアの水気を拭き取る

寒冷地では、ドアの内側が濡れたままの状態で駐車しておくと、ドアが凍結する可能性もあります。面倒ですが、翌朝ドアが開かない!なんてことにならないためにも、駐車の際にドア付近の水気を拭き取ることでリスクを回避できます。

 

解氷スプレーのおすすめ5選

 

 

まとめ

車のガラスの凍結を溶かす効果的な方法

車のフロントガラスが凍結したときは「解氷剤」で溶かします。
約1分で問題の氷を溶かしてくれます。

デフロスター(くもり止め)は10分以上かかるので、忙しい朝の出勤時間は「解氷剤」を使うことが最も効果的な解決方法と言えます。

 

凍ったフロントガラスにお湯をかける危険性

  • 温度差によるフロントガラスの亀裂が入る危険性
  • 溶けた氷水はすぐに凍りつくため、走行中に視界が遮られる危険性

もし、周りに凍ったフロントガラスにお湯をかけているドライバーを見かけたら、注意してあげて下さい。

走行中にフロントガラスが割れたり再凍結すると、視界が奪わて大事故に発展しかねません。

みんなで声を掛け合うことで防げる事故もあります。

よろしくお願いします。
今回は以上です。

防災パパのTwitter(PapaBousai)では、定期的に防災情報を発信しています。フォローしてもらえると嬉しいです。

失敗しない「防災セット」選び
防災セット

たくさんの防災セットの中からベストなものを選ぶのは一苦労です。
収納されているグッズの数も種類も多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

よくあるご相談
  • どの防災セットを選んだらいいか分からない
  • 何をどれだけ準備しておけばいいのか分からない
  • いざという時に使うものなので、失敗したくない

解決策はこちら