災害に備える

IZANO(イザノ)購入レビュー おすすめ防災ヘルメット(折りたたみ式)

防災ヘルメット「IZANO」

こんにちは!
防災パパ@PapaBousai)です。

地震の備えとして、防災用の折りたたみ式ヘルメットがあると安心です。

私のおすすめは「IZANO(イザノ)」です(購入済み)

折りたたみ式ヘルメットの「IZANO」のおすすめ理由は、、

  • 国家検定合格品(飛来落下物の墜落時保護の2つの検定に合格)
  • 折り畳み時はA4サイズになるので収納性抜群
  • 走ってもズレないフィット感

安全・安心の国家検定合格品

防災ヘルメット IZANO(イザノ)国家検定品

ヘルメット選びで一番大事なポイントは安全性。

防災パパ
防災パパ
折りたたみ式のヘルメットって、なんとなく通常のヘルメットよりも衝撃に弱いイメージありますよね?

でも、IZANO(イザノ)は違います。

厚生労働省告示第120号「保護帽の規格」に則った国家検定合格品。

「飛来落下物」と「墜落時保護」の2つの検定に合格したヘルメットなので、確かな保護性能が保証されており、安心して使うことができます。

本体の内側に「労・検」と書かれたラベルが貼られているのが目印です。

防災ヘルメット IZANO(イザノ)

ヘルメットの中には国家検定品でないものもあります。

IZANO(イザノ)が優れている点は、国家検定として必須の「飛来・落下物用」だけでなく、任意の「墜落時保護用」にも合格しているところです。

厚生労働省の保護帽の規格には「飛来・落下物用」(必須規格)と「墜落時保護用」(任意規格)の2種類がありますが、「飛来・落下物用」の規格試験だけ合格していれば「国家検定品のヘルメット」と呼ぶことができます。

しかし、IZANO(イザノ)は、高所での作業を想定した任意規格の「墜落時保護用」の規格試験にも合格しており、要求される保護性能はより高いものとなります。

ヘルメットづくり60年の会社が作っているだけあって、安全性は信頼できますね。

耐久性

防災用ヘルメット IZANO(イザノ)防災用なので、頻繁に折りたたみを繰り返すことはないと思いますが、耐久性についても折りたたみ式は心配ですよね。

IZANO(イザノ)では、展開と折りたたみを2,000回繰り返す試験を行い、その前後でロック強度の低下やガタつきが出ていないことを確認しています。(公式サイト情報)

収納性 / 携帯性

縦横のサイズは、ぼほA4サイズで、
折りたたみ時の高さは82mmなので、収納性、携帯性は抜群です!

オレンジの収納袋がついているので、肩にかけたり、机の横に吊り下げたり、椅子にかけたり、会社のロッカーに入れておいても邪魔になりません。

災害時までコンパクトに収納でき、
避難後は折りたたんでリュックに収納することができる点です。
避難後に一旦不要になったヘルメットをずっと持って移動するのは邪魔ですよね。

対応サイズ / フィット感

公式の製品仕様では「頭囲55.5~62cm」となっています。

実際にかぶってみましたが、私の場合(頭囲62cm)は調整不要でした。

ヘッドバンドやあご紐を調節することでぴったりフィットするので、購入時に調整しておきましょう。

地震が起こってからサイズ調整などしている時間はありませんよ。

サイズ調整の目安は、ヘルメットをかぶって走っても「ずれたりしない」ように調整することです

 

使用方法と折りたたみ方

防災用ヘルメット IZANO(イザノ)組み立て方と折りたたみ方

取り扱い説明書が付いていますが、読むまでもないでしょう。

また、もし万が一わからない場合でも、ヘルメットの裏に組み立て方と折りたたみ方がプリントされています。

防災用ヘルメット「IZANO」の組み立て方

防災用ヘルメット「IZANO」の折りたたみ方

上記はメーカーの公式動画です。

簡単すぎるので見る必要がないと思いますが念のため。

実際にやってみると分かると思いますが、折りたたみ式だからといって組み立ての時間が必要で緊急時にすぐ被れないということはありません。

カラーバリエーション

上記画像は公式サイトより引用

私はオレンジで、妻は「オレンジ/ホワイトライン」にしました。

あなたは何色にしますか?

カラーバリエーションがたくさんあると選ぶのも楽しいですよね。

今回は私も購入したおすすめ防災用ヘルメット「IZANO(イザノ)」をご紹介しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
防災パパ@PapaBousai)でした。

失敗しない「防災セット」選び
防災セット

たくさんの防災セットの中からベストなものを選ぶのは一苦労です。
収納されているグッズの数も種類も多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

よくあるご相談
  • どの防災セットを選んだらいいか分からない
  • 何をどれだけ準備しておけばいいのか分からない
  • いざという時に使うものなので、失敗したくない

解決策はこちら