災害に備える

熱中症・日射病・熱射病の「応急処置」

熱中症

真夏の炎天下で、災害が発生した場合は「熱中症」にも注意が必要です。

もし熱中症になったときのために、応急処置の方法を身につけておきましょう!

熱中症・日射病・熱射病の違い

熱中症

高温の場所でおこる、熱による障害を総称して「熱中症」といいます。

日射病

体内に水分が不足し、脱水症状を起こした状態をいいます。

熱射病

体の熱を発散できずに体に熱がこもってしまい、高い体温に体が対処し切れなくなった状態をいいます。

熱中症になる流れ

夏の暑い盛りに激しいスポーツをすると、体は高くなった体温を冷やすために(熱射病を防ぐために)、たくさんの汗をかきます。

あまりたくさんの汗をかき、この失った水分の補給をしてやらないと日射病になるというわけです。

熱中症の症状

熱中症の症状は、いわゆる体調不良の症状のため、人によって様々です。

下記の症状が出たら熱中症を疑ってください。

代表的な症状
  • めまいや立ちくらみ
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 呼吸が荒くなる
  • 手足がしびれる
  • 足がつる
  • 貧血のように意識が遠のく
  • 痙攣(けいれん)
  • 体温がなかなか下がらない

熱中症の応急処置

救急車を呼ぶか判断する

こんな症状はすぐに119番
  • 体温が40度を超えて下がらない
  • 意識が薄れてきている
  • 痙攣(けいれん)を起こしている

このような症状の場合は、応急処置をすると同時に救急車を手配しましょう。

日陰で仰向けに寝かせる

炎天下の中、直射日光を浴びながらではなかなか体温を下げることはできません。
まずは直射日光を避けれる場所に移動しましょう。
エアコンの効いた室内がベストです。

体を冷やす

汗はかいていなくても、体温が40度以上まで上昇することがあります。
そんな時は緊急に冷却する必要があります。

衣服や靴を脱がせ、水をかけて全身を冷やしたり、水を含ませたタオルをのせたり、うちわであおぐのもいいでしょう。

冷やす場合は、首筋やわきの下、足の付け根、足首など動脈が通っている部分を冷やすのが効果的です。

冷たい「塩水」を飲ませる

経口補水液やスポーツドリンクがあれば、飲ませてください。
麦茶に梅干しを入れたものも効果的です。

もし無ければ、「塩水」を作りましょう。
塩分濃度0.1%が目安ですので、500mlの水なら塩を約0.5g入れて下さい。

医療機関で受診

応急処置後は念の為、病院で受診しましょう。

熱中症におすすめの飲料水

経口補水液

経口補水液が優れている点は「水分・塩分・糖分」のバランスにあります。

熱中症になると、水分と一緒にNa(ナトリウム)などの電解質が失われてしまいます。そのため、水だけでなく塩分も一緒に補給する必要があります。

また、水分の吸収を担っている小腸は、塩分に加えて糖分も一緒に摂取した方が効率的に水分を吸収できるため、糖分もバランス良く配合されています。

普通の水は、塩分や糖分が含まれていません。
スポーツドリンクは、糖分が多くて塩分は少ないのが一般的です。

効率的に体内に吸収でき、必要な電解質を補うには「水分・塩分・糖分」が絶妙のバランスで作られた「経口補水液」が最適なのです。

経口補水液の賞味期限

大塚製薬の「経口補水液OS-1」なら製造日から12カ月もちます。
コンビニでは販売していないため、いざというときのために自宅に備蓄しておくのが良いでしょう。

おすすめの経口補水液

さいごに

いかがでしたか?

今回は、熱中症の応急処置についてご紹介しました。

災害時に限らず、平常時も使えるノウハウです。
ぜひ周りに人にも教えてあげてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
みんなで防災知識を広めましょう!

今回は以上です。

防災パパのTwitterPapaBousai)では、定期的に防災情報を発信しています。フォローしてもらえると嬉しいです。

失敗しない「防災セット」選び
防災セット

たくさんの防災セットの中からベストなものを選ぶのは一苦労です。
収納されているグッズの数も種類も多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

よくあるご相談
  • どの防災セットを選んだらいいか分からない
  • 何をどれだけ準備しておけばいいのか分からない
  • いざという時に使うものなので、失敗したくない

解決策はこちら