災害に備える

熱中症の予防と対策

防災パパ
防災パパ
今年も猛暑だけど、熱中症の予防や対策はしてる?
防災ママ
防災ママ
お水をがぶ飲みしてるよ!
防災パパ
防災パパ
え?! それは逆に熱中症になっちゃうかもしれませんよ!
防災ママ
防災ママ
え?! どうすればいいの?
防災パパ
防災パパ
今回は「熱中症」に対する正しい知識と予防について解説します。

 

熱中症とは?

熱中症の原因

高い気温や長時間の激しい運動により汗をかき過ぎて水分や塩分が体内に不足すると、体温調整が正常に機能しなくなります。

その状態が続くと、体内に熱がこもっり、様々な体調不良を引き起こします。

これが「熱中症」です。

症状が重いと命の危険も!

熱中症は、体調不良の症状と似ているため、『少し休めば何とかなる』と軽視されがちですが、暑さの厳しい年には1,000人前後が熱中症で亡くなっています。
(詳細なデータは、厚生労働省の公式サイトにてご確認ください)

体の異変に気付いたら涼しいところで横になるといった対応をしないと、最初は軽症でも放置すると、すぐに重症化するので油断は禁物です。

熱中症の症状

こんな症状が出たら要注意。熱中症を疑いましょう。

めまい・立ちくらみ・足がつる・いくら拭いても汗がでてくる・頭痛・吐き気・強い倦怠感・立ち上がれない・息が荒くなる・手足がしびれる・下痢

 

熱中症の救急搬送状況

熱中症救急搬送状況引用:総務省消防庁

総務省消防庁より熱中症の救急搬送人員について都道府県別にデータが公開されています。

猛暑が続く夏は数値が格段に高まる傾向にあります。

ぜひ、自分ごととして熱中症対策について、この記事で必要最低限の知識の確認をお願いします。

 

水分補給は「水だけ取れば良い」は間違い

 

熱中症の予防と対策

 

子供用にポカリを薄めるのは不正解

 

ペットボトルごと凍らせてもいいの?

 

室内でデスクワークの人も熱中症対策は必要?

 

まとめ

熱中症の対策と予防

 

熱中症
熱中症・日射病・熱射病の「応急処置」真夏の炎天下で、災害が発生した場合は「熱中症」にも注意が必要です。 もし熱中症になったときのために、応急処置の方法を身につけておき...

 

失敗しない「防災セット」選び
防災セット

たくさんの防災セットの中からベストなものを選ぶのは一苦労です。
収納されているグッズの数も種類も多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

よくあるご相談
  • どの防災セットを選んだらいいか分からない
  • 何をどれだけ準備しておけばいいのか分からない
  • いざという時に使うものなので、失敗したくない

解決策はこちら