災害に備える

自宅の家具の配置を見直そう

災害時、家具によって避難経路が塞がれたり、倒れてきて家具の下敷きになったりするリスクがあります。

今回は、災害時に備えて「家の中の家具の配置」を見直し、安全性アップを目指しましょう!

胸より高い位置に置かない

モノの落下による負傷を回避

モノの落下による負傷を防ぐための基本として「胸より高い位置にモノを置かない」ことです。

もしあなたがこれから家具を選ぶのなら、「胸より高い位置にモノを置かずに済む」ような家具選びをしてください。

低い家具は部屋を広く見せる効果もあり、防災対策にもなります。一石二鳥ですね。

避難経路を確保する

災害はいつ起こるか分からない

大きな家具は転倒すると、怪我だけでなく避難経路を塞ぐ可能性もあります。

「家具が倒れたとしても、1人で起こせるから平気だよ」と思うかもしれません。

しかし、災害はいつ起こるか分かりませんし、
体調が良いとは限りません。

  • 体調が悪い時かもしれません。
  • 怪我して不自由な時かもしれません。
  • 幼い子供と一緒にいる時かもしれません。

安全な避難ルートを確保できるかどうかは、一刻を争う場面では大切なポイントです。

まとめ

2つの鉄則
揺れて中身が落下しそうな背の高い本棚等は極力選ばない。
避難経路を確保するため、大きな家具は出入口付近には置かない。

テレビは低い位置に置いている場合でも倒れやすいので、転倒防止のネジ止めなどで固定すると良いでしょう。

さいごに

今回は基本的な内容でしたが、皆さんのお部屋は大丈夫でしょうか?

この記事をきっかけに、家具のレイアウトをチェックしてみましょう。

今回は以上です。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

防災パパのTwitterPapaBousai)では、定期的に防災情報を発信しています。フォローしてもらえると嬉しいです。

失敗しない「防災セット」選び
防災セット

たくさんの防災セットの中からベストなものを選ぶのは一苦労です。
収納されているグッズの数も種類も多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

よくあるご相談
  • どの防災セットを選んだらいいか分からない
  • 何をどれだけ準備しておけばいいのか分からない
  • いざという時に使うものなので、失敗したくない

解決策はこちら