【2020年版】失敗しない「防災セット」の選び方

自宅の家具の配置を見直そう

地震が起きると、家具によって避難経路が塞がれたり、倒れてきて家具の下敷きになったりするリスクがあります。

今回は、災害時に備えて「家の中の家具の配置」を見直し、安全性アップを目指しましょう!

胸より高い位置に置かない

モノの落下による負傷を回避

モノの落下による負傷を防ぐための基本として「胸より高い位置にモノを置かない」ことです。

もしあなたがこれから家具を選ぶのなら、「胸より高い位置にモノを置かずに済む」ような家具選びをしてください。

低い家具は部屋を広く見せる効果もあり、防災対策にもなります。一石二鳥ですね。

避難経路を確保する

災害はいつ起こるか分からない

大きな家具は転倒すると、怪我だけでなく避難経路を塞ぐリスクもあります。

「家具が倒れたとしても、1人で起こせるから平気だよ」と思うかもしれません。

しかし、災害はいつ起こるか分かりませんし、
体調が良いとは限りません。

災害時、体調が万全とは限らない

  • 体調が悪い時かもしれません。
  • 怪我して不自由な時かもしれません。
  • 幼い子供と一緒にいる時かもしれません。

安全な避難ルートを確保できるかどうかは、一刻を争う場面では大切なポイントです。

まとめ

<自宅の防災>家具の配置を見直すときの2つのポイント

  • 揺れて中身が落下しそうな背の高い本棚等は極力選ばない。
  • 避難経路を確保するため、大きな家具は出入口付近には置かない。

テレビは低い位置に置いている場合でも倒れやすいので、転倒防止のネジ止めなどで固定すると良いでしょう。

今回は基本的な内容でしたが、皆さんのお部屋は大丈夫でしょうか?

この記事をきっかけに、家具のレイアウトをチェックしてみましょう。

防災パパ

今回は以上です。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
防災パパ@PapaBousai)でした。