【2020年版】失敗しない「防災セット」の選び方

火災の種類(A火災・B火災・C火災)

火災の種類

火災は大きく分けて、5種類に大別されます。
火災の種類によって効果的な消火方法は変わり、使用する消火器の種類も変わってきます。

特殊な火災に分類される「金属火災」や「ガス火災」は、一般的な消火器では消火できません。素人が下手に手を出すと、爆発する危険があります。プロに任せましょう。

ここでは、一般的な火災についてご紹介します。

 

A火災(普通火災)


普通可燃物(木材、紙、布、繊維、ゴム製品など)による火災を指します。

A火災(普通火災)では、
強化液、水、泡などの水系の消火薬剤、粉末系の消化薬剤を使用している消火器が使用可能です。
ガス系の消化薬剤を使用している消火器は使用できません。

消火器の適応マークは、白色のマークです。

 

B火災(油火災)


天ぷら油などの食用油や、ガソリン、灯油などの燃料、アルコール類などによる火災です。

B火災(油火災)では、普通の水消火器は使えません。
水系消火器の中でも強化液や泡系の消化薬剤、ガス系の消化薬剤、粉末系の消化薬剤の入った消火器は使えます。

消火器の適応マークは、黄色のマークです。

この火災では、消火の4要素の「窒息消火法」や「抑制消火法」を用いて消火します。

 

C火災(電気火災)


電気設備(電線、モーター、コンセント、照明機器、電化製品など)による火災です。

C火災(油火災)では、霧状の強化液、霧状の水、ガス系、粉末系の消化薬剤が入った消火器が使えます。

棒状の強化液や棒状の水、泡系の消火薬剤が入った消火器は感電の恐れがある為、使用できません。

消火器の適応マークは、青色のマークです。

 

まとめ

火災の着火物や消火器の種類によって、消火の度合いが異なります。
そもそも消火できない場合もありますので、下記の表にまとめてみました。
消火器を購入する際は、ご確認ください。

 

さいごに

今回は、一般的な火災の種類(普通火災・油火災・電気火災)についてご紹介しました。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

次回は、火災の種類に適した「消火器タイプ」についてご紹介します。

火災の種類に適した「消火器タイプ」

防災パパ

今回は以上です。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
防災パパ@PapaBousai)でした。