災害に備える

消火に必要な4つの要素(消火の4要素)

前回、なぜモノは燃えるのか?
燃焼に必要な「燃焼の4要素」についてご紹介しました。

燃焼に必要な4つの要素(燃焼の4要素)なぜモノは燃えるのでしょうか?燃焼の4要素とは? 今回は、燃焼に必要な4つの要素をご紹介します。...

今回は燃焼の4要素を取り除く、「消火の4要素」についてご紹介します。

 

消火の4要素

4つの消火方法

モノが燃える条件は、可燃物・酸素供給体・点火源(熱源)・燃焼の継続の4つ要素が揃った場合で、「燃焼の4要素」とよびます。

つまり、燃焼の4要素のうち1つでも欠けると、火は鎮火します。

これを利用して、消火器には「燃焼の4要素」のいずれかを取り除く消火薬剤が含まれているのです。

この「燃焼の4要素」を取り除く4つの方法を「消火の4要素」とよびます。

消火の4要素
  • 除去消火法
  • 冷却消火法
  • 窒息消火法
  • 負触媒消火法(抑制消火法)

 

可燃物を取り除く「除去消火法」

周囲の可燃物を取り除いたり、可燃物の共有をストップさせて燃焼を止める消火法です。
要するに燃焼するもの自体をなくしてしまう消火方法です。

  • ガス火災時に、ガスの元栓を締める
  • 山林火災時には燃え広がらない様、木を伐採する

 

点火源(熱源)を取り除く「冷却消火法」

燃えているものに、水タイプの消火剤をかけることで熱を奪い、冷却して消火する方法です。
水の消火剤は浸透性が高く、内部燃焼しやすいベッドのようなものが出火原因であっても、消化剤が内部まで浸透し、熱を奪います。

  • スプリンクラーなどの消火設備
  • 水・泡系の消火器などに冷却消火の効果があります。

 

酸素を断つ「窒息消火法」

燃えているものへの酸素(空気)の供給を遮断して消火する方法です。
アルコールランプにキャップをかぶせると、火が消えるのと同じ原理です。

窒息法で注意したいのは、火を消したあとで再燃焼する可能性があるため、しっかり熱を奪い切った後に、窒息状態を解く必要があります。

粉末や泡、二酸化炭素ガスなどが含まれた消火器には、酸素の供給を断つ効果があります。

 

燃焼の継続を防ぐ「負触媒消火法(抑制消火法)」

物質が燃えると、連鎖的に化学反応が起こり、燃え広がっていきます。
その化学的連鎖反応を中断させる消火法です。

霧状の強化液や、粉末系の消火器には、この負触媒消火(抑制消火)の効果があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「消火の4要素」をご紹介しました。

燃焼に必要な4つの要素(燃焼の4要素)なぜモノは燃えるのでしょうか?燃焼の4要素とは? 今回は、燃焼に必要な4つの要素をご紹介します。...

防災パパのTwitterPapaBousai)では、定期的に防災情報を発信しています。フォローしてもらえると嬉しいです。

失敗しない「防災セット」選び
防災セット

たくさんの防災セットの中からベストなものを選ぶのは一苦労です。
収納されているグッズの数も種類も多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

よくあるご相談
  • どの防災セットを選んだらいいか分からない
  • 何をどれだけ準備しておけばいいのか分からない
  • いざという時に使うものなので、失敗したくない

解決策はこちら