【2020年版】失敗しない「防災セット」の選び方

外出先では、非常口を確認し、非常階段は実際に使ってみよう!

非常口を把握する習慣をつける

避難用の非常口の位置を知っているかどうかは、災害時の運命を大きく左右します。

自宅のマンション、勤め先の会社、ショッピングモール、飲食店、駅など、
外出先では非常口の位置を把握する習慣をつけましょう。

非常階段は使ってみること

非常階段は実際に使ってみることをおすすめします。

『場所さえ分かっていればいいのでは?』

と思うかしれませんが、知っているだけと体験するのとでは圧倒的に得る情報量が違います。

手すりの有無、停電時に点灯する非常灯の有無、階段の幅や歩幅など、
非常階段の感覚をつかんでおけば災害時に非常灯がない状態でも慌てずに避難できます。

平常時は施錠されていることが多いため、「鍵の開け方」だけでも確認しておくと慌てずに済みます。

まとめ

今回は外出先での防災習慣についてご紹介しました。

外出先での習慣づけ
  • 非常口の位置を把握する
  • 非常階段は、実際に使ってみる

まずはよく訪れる場所の確認からはじめましょう!
やっていくうちに、自然と非常口を探す習慣が身につきますよ。

防災パパ

今回は以上です。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
防災パパ@PapaBousai)でした。