災害に備える

燃焼に必要な4つの要素(燃焼の4要素)

火によって引き起こされる災害のことを「火災」といいます。

そもそも、なぜモノは燃えるのでしょうか?
今回は、燃焼の原理を理解しましょう。

燃焼の4要素

モノが燃えるには、次の4つの要素が必要です。

燃焼の4要素
  • 可燃物
  • 酸素供給体
  • 点火源(熱源)
  • 燃焼の継続

可燃物

読んで字のごとく「燃える物質」です。
例えば、木材や紙、油やアルコールなどです。

酸素供給体

酸素を含み、供給する物質です。
例えば、空気中の酸素やセルロイドなどの物質中の酸素などです。

点火源(熱源)

火気や火花、静電気などの熱源(点火エネルギー)のことです。
例えば、火気、火花、静電気、摩擦熱などです。

燃焼の継続

燃焼が継続していくためには連続した酸化反応が必要です。
酸化の連鎖反応のことを燃焼の継続といいます。

 

さいごに

いかがでしたか?

今回は「燃焼の4要素」をご紹介しました。

「点火源」がなければ、そもそも燃えることはありません。
「点火源」と「可燃物」があっても「酸素」がなければ燃えません。

このように、燃焼の4要素のいずれかを取り除けば火を消すことができるのです。

次回は、「燃焼の4要素」を取り除く「消火の4要素」のご紹介をします。
これらの知識を身につけることで、火災時の適切な判断や消火器の選定にも役に立ちます。ぜひ、次の記事も合わせて読んでくださいね。

消火に必要な4つの要素(消火の4要素)モノが燃える原理である「可燃物」「酸素供給体」「点火源」「燃焼の継続」の4要素を取り除く手法「消火の4要素」についてご紹介します。...

防災パパのTwitterPapaBousai)では、定期的に防災情報を発信しています。フォローしてもらえると嬉しいです。

失敗しない「防災セット」選び
防災セット

たくさんの防災セットの中からベストなものを選ぶのは一苦労です。
収納されているグッズの数も種類も多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

よくあるご相談
  • どの防災セットを選んだらいいか分からない
  • 何をどれだけ準備しておけばいいのか分からない
  • いざという時に使うものなので、失敗したくない

解決策はこちら