【2020年版】失敗しない「防災セット」の選び方

京都・祇園発祥のデニッシュパン「缶deボローニャ」は、おいしい非常食

缶deボローニャ

こんにちは、防災パパ@PapaBousai)です。

皆さん、災害に備えて食糧の備蓄はしていますか?

備蓄の目安
  • 食糧は3日分
  • 水は、1日3リットルを3日分

このように言われています。

しかし、これは避難所の話で3日後に必ず配給がスタートするとも限りません。

避難所にもキャパがあるため、自宅が崩壊でもしない限り、避難所での生活は送れず、自宅での被災生活を送る方がほとんどです。

被災から3日で、1件1件家に食糧や水が配給されることは期待できません。

そこで大切なのは「食糧の備蓄」です。

防災用の非常食はたくさんありますが、
「私は被災中も美味しいものが食べたい!」です。

そこで目をつけたのが、
京都・祇園発祥のデニッシュパンです。

実際に購入して食べてみたので感想をまとめます。

この記事の対象者
  • 非常食の備蓄を考えている
  • どうせ備蓄するならおいしいものが良い
  • 実際に購入して食べた人の意見を聞きたい

缶deボローニャとは?

防災パパ

名前を聞いたことはあるけど、よく知らない人にサクッと説明します。

京都・祇園生まれのボローニャは「しっとり&ふんわり」のデニッシュ食パンです。
舞妓さんも並んで買うほど人気で、結婚式に引菓子や土産としても利用されています。
この美味しいパンを長期保存可能な非常用の缶入りパンにしたのが「缶deボローニャ」です。

缶deボローニャを食べた感想

缶deボローニャを食べた感想

私は、3種類 ×2の6缶を購入しました。

メープル、チョコ、プレーンの3種類とも妻と子供で美味しく頂きました。

シンプルに美味い!

ふわっとしながらも、しっとりとした食感。

個人差はあると思いますが、甘めのチョコやメープルは後から喉が乾きます。

チョコやメープルばっかり食べていたら、非常時に貴重な水を消費してしまうので、他の非常食の合間のご褒美的に「缶deボローニャ」を食べると良い感じだと思います。

被災して大変な時こそ美味しいものを食べて、ほっとしたいものですよね。

今回、お試しで3種類×2個の6缶入りを買いましたが、我が家では「あり!」という判断に至りましたので、備蓄用に追加で購入します。

人によって味覚は違うので、気になっている人は、まずは3種類入りの6缶を買って、家族で備蓄するか意見交換してから大量買いすることをおすすめします。

缶deボローニャの紹介

賞味期限

3年6ヶ月保存できます。
思ってたいより、長く持ちますね。

味の種類

非常時にあっても、選べる喜びや食べ飽きない工夫をお届けしたいという製造元のコンセプトがあり、デニッシュ食パンで人気の3種類の味を作ってくれたそうです。

プレーン 噛むとバターの香ばしい風味と甘みのあるスタンダードな味
メープル メープルのほのかな甘味が人気
チョコ チョコが練り込まれた甘く優しい口当たり

手間いらず

  • 缶切り不要(プルトップ缶を引き開けるだけ)
  • 調理不要(温めずにそのまま食べれる) ← でも温めた方が美味しい
  • 2個に分かれていて、手軽にシェアしやすい

衛生的

マフィンカップに入ったパンが下向きに2つ入っているので、缶の蓋を外して逆さに持って軽く振るとマフィンカップが出てきます。
パンに直接手を触れずに取り出せて衛生的です。
他のレビュー記事で「手がべとつく」とコメントされているものがあって不安でしたが、マフィンカップとこの構造のおかげで直接パンに触れることがないので大丈夫でした。

まとめ

缶deボローニャはおすすめの非常食

この記事では、缶deボローニャの紹介と実際に食べた感想をお伝えしました。

私の感想は、非常食としておすすめです。

缶deボローニャが非常食としておすすめな理由
  1. 普通に美味しい
  2. 長期保存(3年6ヶ月)
  3. 手間いらず
  4. 衛生的

非常食としての備蓄用としてはもちろんですが、キャンプやピクニック、お出かけにも使えます。

買い溜めしておいても無駄になりませんし、
ちょっと外出する時に子供用のお弁当を作るのが面倒なときにも活躍しそうですね。

防災パパ

今回は以上です。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
防災パパ@PapaBousai)でした。